不動産投資 資産運用

ワンルームマンション、実際に買ってみた【キッカケ編】

こんにちは! とるこ風アイスです。

前回のブログでは、ワンルームマンション投資の狙い目のエリアについて書きました。

これまでの不動産投資ブログで不動産投資の基本についてご説明してきました。

 

ここからは、実体験に基づき、ワンルームマンションを購入したをお伝えしていきたいと思います。

 

『論より証拠』

 

不動産投資について説明したサイト、ブログはたくさんありますが、

実際に購入した情報を載せているサイトは少ないと思います。

 

資産運用のブログで度々お話ししていますが、

本ブログでは実体験に基づいた「リアル」を書き記すことで、親近感を持ってこのブログを読んで欲しいと思っています。

可能な限りリアルなデータを使って、不動産投資のリアルをお伝えします!

今回のブログでは、ワンルームマンションを買うにあたり、どのような考えで不動産を購入するに至ったかをお伝えしていきたいと思います。

 

不動産投資を始めようと思ったキッカケ

一番の理由は、将来の老後資金の確保です。

以前の記事でもご紹介しましたが、話題になった老後2000万円問題など、我々現役世代の老後資金は足りなくなることが確実視されています

労働人口の減少に加え、高齢者の増加によって年金の支給額は低下します。

かといって、貯金のみで2000万円貯めようと思ったら、20歳の時から毎月3万円貯金し続けて、2000万円に達成するのは75歳の時になります。

つまり、何かしらの手段で資産形成を行い、老後資金の確保に努める必要があります

以前より、株式投資の運用はちょこちょこ進めていたため、それに続く投資として不動産投資を選択しました。

老後2000万円問題、投資の重要性についてはコチラの記事でも紹介しています。

 

 なぜ数ある投資の中で不動産投資を選んだか

これまでのブログでも実績を公開してきたように、日本株、米国株を中心に株式投資での資産運用は進めてきました。

株式投資とは別の資産形成方法について考えていた頃、たまたま大学時代の友人から不動産投資会社の営業マンを紹介され、不動産投資に興味を持つようになりました。

当初は、以前のブログでも書いたように、不動産投資に対していくつかのネガティブな印象を描いていました。

  • 借金が残って損をするのでは?
  • 空室リスクが怖い...
  • 初期費用が大きい

 

しかし、実際に不動産投資会社の人から不動産投資に関するお話しを伺い、

また実際に自分でも不動産投資について勉強していくなかで、

不動産投資はとてもシンプルな仕組みであるということがわかりました。

また、株取引のように常に株価の上下やインデックス指数を確認する必要はなく、一度契約を済ませてしまえば運用の手間が少なくて済むと考えたためです。

 

加えて、団信(団体信用生命保険)への加入によって、

  • 万が一ローンの返済期間中に死亡した場合は、残ったローン残高が0となること
  • 保険の機能を兼ね備えていること
  • 融資が完済した後は、副収入として年金の代わりになること

これらの点に魅力を感じました。

今の世の中はインフレ傾向にあることや世界的に見ても東京の不動産は割安であることを考慮すると

今後も不動産の価格は上昇傾向が続くと考え、途中で売却をして手元にキャッシュを残すという選択もありだなあと考えました。

不動産投資は中長期的な運用を基本としていますが、活用の幅が広いと考え、不動産投資を始めました。

 

ワンルームマンションを買おうと思ったキッカケ

結果、ワンルームマンションを2棟購入したわけですが、ワンルームマンションを購入するに至った考えは以下のような理由からです。

  • 少ない自己資金で、融資を活用して大きな金額を運用できる(レバレッジ効果)
  • ワンルームごとに所有できるため、地域を分散して物件を所有することでリスク分散できる
  • 都内であれば、今後数十年にわたり高い入居率を維持できる
  • 東京23区のワンルームマンション開発規制条例
  • 日本全体で考えると人口は減少傾向であるが、東京に限ってみれば、あと40年ほどは極端な減少は起こらないと予想するため

上記の内容については、以下の2つのブログでも紹介しています。

上記を鑑みて、中長期的に十分勝算があると考えて不動産投資を決意しました。

20年後、特に首都圏で今と同じ価格で同じグレードの物件が買えると思いますか?

私の答えはNoです。

今後も不動産価格は上昇していくと思います。

実際にお隣の国、韓国・ソウルではここ5年余りで不動産価格は倍になり、最低でも1億円ほど必要になりました。

今後日本でも同じことが起きるのではないかと予想しています。

 

 まとめ

こうやって振り返ってみると、

不動産投資を始めたキッカケは、株式投資に加え、他の投資方法について検討していた時に

偶然不動産投資について知る機会に恵まれたことです。

やっぱり人生タイミングですね。

不動産投資について理解を深めるうちに、不動産投資に対する不安は取り除かれ、一歩踏み出す勇気が出ました。

全てのことの言えることですが、無知で戦うことはできません。

何事も自分で勉強し、最低限の知識をつけることが必要です。

 

このブログがあなたにとって不動産投資を学ぶキッカケになれば幸いです。

取り上げてほしいテーマなどありましたら、問い合わせ・コメント欄よりご連絡いただけますと幸いです!

 

それでは今日はこの辺で、See you next time and have a wonderful day!!

RENOSY(リノシー)

 

 

 

-不動産投資, 資産運用